こんにちは!石垣島体験ダイビングチーム、MOANAのYUMAです(*^^*)

今回は、石垣島での体験ダイビングによくある不安
「どのくらい深く潜るの…?」について、お伝えできればと思います。

それでは早速みてみましょう〜♪

最大深度は12m!コーラルリーフを満喫

PADIの体験ダイビングでは、プールや海況が安定した海で水深6mまで、インストラクターの判断で、ダイバーのスキルに応じて水深12mまで潜れるとしています。

モアナの体験ダイビングは8m前後ですが、お客様のスキルによっては10m前後潜ることもあります。

※ちなみに、PADIダイバーの初級ランクであるOW(オープンウオーター)で最大水深18m。その上位ランクAOW(アドバンスドオープンウオーター)が最大水深30m。

一番安全な水深は…?

スキューバダイビングは、「減圧症」というリスクと向き合いながら、海を楽しむアクティビティーです。

減圧症:窒素が血液中に溶け込むことで発生するリスクです。

深ければ深いほどそのリスクは高くなりますが、体験ダイビングの深さは、通常の浮上速度であれば、リスクはかなり低いです。
急浮上などしなければ、ほとんどの場合安全です。

少人数制のダイビングショップなら、インストラクターもつきっきりなので、安全性ももっと高くなります。

実は8m前後が一番美しい

石垣島の体験ダイビングの深さ

スキューバダイビングというと、深くて青い世界を想像すると思います。

もちろん、深い海の圧倒的なブルーにも癒やされますが
体験ダイビングで潜水する水深6~8mのサンゴ礁の美しさも抜群ですよ(*^^*)

石垣島を取り巻く枝サンゴや、テーブルサンゴなど造礁サンゴが最もよく観察できるのが浅場です。

マンタやウミガメもこの深さ

マンタがクリーニングステーション(体についた寄生虫を小魚に食べてもらうために訪れる場所)でホバリングしていたり、ウミガメがサンゴの影で昼寝をしたりしているのもこの深さです。

マンタのポイントは流れが早いこともあり、体験ダイビングでは連れて行ってもらえない事がほとんどです。

海の色について

海が青いのは、太陽光線に含まれる赤色の成分が海水に吸収されるからです。

赤色は水深4~5mで色褪せ、黄色は18mで消えてしまいます。
30m以上では、残る色はなんと青色だけです。

ライトなど持たずにサンゴ礁本来の美しさを鑑賞できるのが浅場の魅力なのです♪

綺麗すぎて、あっという間!

石垣島の体験ダイビング深さについて

 石垣島の海は、綺麗すぎて8mなんかあっという間です!

「ほんと〜???」と思うかもしれませんが、これは実際に潜った事がある人でないと、わかりません(*^^*)

もし、お連れ様がCカード(ライセンスカード)をお持ちなら、ファンダイビングとして体験ダイバーと一緒に潜ることも可能なんですよ!
みなさんで集合写真を撮ることもできますから、ショップに問い合わせてみると良いですね^^

モアナの体験ダイビングプログラムはこちら→『モアナの体験ダイビングについて』

ご予約・お問い合わせ